野菜・きのこ類

らっきょうは腐るとどうなる?賞味期限や保存方法も!

私はらっきょうが大好きなんですが、何を隠そう私の家族は「酢の味」が苦手(お寿司は食べるクセに(¯∇¯٥))

私ひとりでせっせと消費しなければならないパターンになってしまう為、躊躇しているんです。

 

だって・・らっきょうってやっぱり腐るでしょ?らっきょうって腐るとどうなるの?

らっきょうの賞味期限ってどのくらい?ついでに保存方法は?

ってことで、今回はらっきょうが腐るとどうなるのかや、賞味期限などを徹底調査!

らっきょうを安全に楽しむ方法がわかるはずですよ~♪

 

この記事でわかること

・らっきょうの賞味期限

・らっきょうは腐るとどうなるのか

・らっきょうの保存方法

・らっきょうにカビが生えたらどうすればいいのか




らっきょうの賞味期限はどのくらい?

まずはらっきょうの賞味期限からチェックしていきましょう。

 

・市販のらっきょう

・手作りのらっきょう

それぞれの賞味期限を紹介します。

 

ちなみに、ここでいうらっきょうとは「らっきょう漬け」のことです。

生のらっきょうの賞味期限は数日程度となっています。

かなり短いので、生のらっきょうはすぐに漬けちゃうのがいいですよ。

 

市販のらっきょうの賞味期限

市販のらっきょうの賞味期限は3~6ヶ月になります。

 

かなり長いですよね!

らっきょうは酢でつけているので賞味期限がかなり長いんです。

 

しかも、食べ物の期限には賞味期限と消費期限があって

・賞味期限:未開封で正しい保存方法で保存した時の美味しく食べられる期限

・消費期限:未開封で正しい保存方法で保存した時に安全に食べられる期限

になり、らっきょうの場合は加工品&漬け物(=腐りにくい)なので、賞味期限が記載されているんです。

プラス、そもそもメーカーは余裕を持った期限を記載しているので、記載の賞味期限を過ぎたからといってすぐに腐りはじめることは少ない!

 

ただ、

記載の賞味期限は未開封の状態の期限なので、開封後は記載の賞味期限に関係なく早めに食べきることが◎。

開封後の賞味期限は?というと、次の項目で紹介する「腐るとどうなる」を参考に、らっきょうの状態をご自身の五感でチェックして判断するようにしましょう。

 

甘酢漬け以外のらっきょうの賞味期限は?

らっきょうというと、私は「らっきょうの甘酢漬け」が思い浮かぶんですが、最近は、色んな調味液で漬けたらっきょうが市販されているようです(醤油漬けとか、塩漬けとか、味噌漬け、中にはワイン漬けなどもあるฅ(๑*д*๑)ฅ)

 

でね、その調味液によって賞味期限が異なるのか気になったので調べてみたところ、同じでOKのよう。

例えば、こちら

 

定番の甘酢漬けのらっきょうは優しい甘みの梅酢で漬けられていて、他にたまり醤油漬けのらっきょう、ゆず果汁漬けのらっきょうなど(どれも美味しそう~♪)がセットになっているんですが、いずれも賞味期限は180日程となっています。

 

漬ける調味液が変わっても賞味期限に差はないようですよん♪


スポンサーリンク


手作りのらっきょうの賞味期限

手作りのらっきょうの賞味期限の目安は1年になります(市販のより長いことに驚きだけど、市販のらっきょうは安全を考慮して賞味期限をあえて短く設定してる可能性があるんです)

 

で、「目安は1年」の「目安」とはどいうことかというと、手作りのらっきょうは冷蔵庫で保存すると3年~5年程は食べられるとも言われているんです。

 

こちらの方は5年もののらっきょうを・・

おニューのらっきょうとの食べ比べ・・楽しそう♪

中には「7年たっても食べられる!」という方もいらっしゃるようですし、3年はアリという声は多々あった。

 

3年もののらっきょう&牛すじカレー・・美味しそうだなぁ(*´ч`*)

 

ですが、1年を超えると食感が落ちる場合もあるそうです。

なので、手作りのらっきょうの賞味期限は1年程度を目安としておくのがよさそうですよ。

 

1年を過ぎたらっきょうは、後で解説している「腐るとどうなる」を参考ににして、腐ってないかどうか確認してから食べてくださいね!

 

あと、らっきょうを漬ける際も「5年分作るゾ!」ではなくて、1年分ずつ作るのが安心のようですよ(特にはじめてらっきょうを作る場合はネ)


スポンサーリンク


らっきょうは腐るとどうなる?

市販のらっきょうの開封後や、手作りのらっきょうには「これ」という明確な賞味期限がないので、自分の五感が頼りになりますよね。

らっきょうが腐るとどうなるのかをしっかり押さえておくことが大切!

腐ったらっきょうは、見た目、臭い、味に変化が表れます。

 

<見た目>

・漬け汁に泡のようなものが浮いている

・漬け汁が濁って黒くなっている

・漬け汁の表面にカビが浮いている

・らっきょうが黒くてぶよぶよしている

 

<臭い>

・異臭がする

・鼻にツンとくる臭いがする

 

<味>

・苦みがある

・柔らかい(溶けるような感じ)

など。

 

らっきょうは腐ると漬け汁に見た目の変化が表れるので、ちょっと心配ならっきょうは、漬け汁からしっかりチェックしてくださいね(`・ω・´)ゞ

 

手作りのらっきょうが腐る理由はコレ!

ちょっとここで、手作りのらっきょうが腐りやすくなる理由をご紹介しますね。

らっきょうを作る際、ちょっと手を抜いたり、いくつかのポイントを端折ったりすると腐りやすいらっきょうになってしまうんです。

逆に言うと、このポイントを押さえれば腐りにくいらっきょうになりますよ~。

 

らっきょうを作る際・・

・塩漬けをしなかった(手作りのらっきょうは塩漬け→甘酢漬けという工程を踏みますが、洗いらっきょうを使って作った場合など塩漬けの工程を飛ばすことがあり、塩漬けしていないと殺菌力が弱いらっきょうになる)

・漬け汁の塩分が足りなかった(塩分不足=殺菌力が弱いらっきょうになる)

・漬け汁の加熱不足だった(加熱不足=殺菌力が弱いらっきょうになる)

・漬け汁の量が少なかった(らっきょうが漬け汁から出て空気に触れていると菌やカビなどが繁殖しやすくなる)

・使いまわしの漬け汁だった

・保存容器が清潔ではなかった

など。

 

要は、レシピに沿って丁寧に&衛生面に気をつけて作ることが大切!

長い賞味期限を保ちたければ、手抜きはダメっていうことですよね(私、手抜き大得意、気を付けなくっちゃ( *´ω`* ))


スポンサーリンク


らっきょうが茶色いのは腐ってる?

らっきょうを食べようとしたら「むむ?らっきょうが茶色い!」

この茶色いらっきょうは腐ってるの?

 

この答えは「茶色いらっきょうは腐ってはいません」

 

黒いらっきょうはNGだけど、茶色いらきょは食べてもOKなんです(ホッ♪)

 

ただですねー、茶色いらっきょうは、古いらっきょうでシャキシャキとした食感がないことが多いのだとか(ガーン( ̄▽ ̄;))

(あと、ざらめなどの茶色い砂糖を使った場合もらっきょうが茶色くなる可能性も!)

 

なので、らっきょうが古くて茶色い場合は出来る限り早めに食べ切るのが◎。

「そんなに一気に食べれない~」という場合は、みじん切りにして

・タルタルソースやドレッシングに混ぜる

・チャーハンに入れる

・お豆腐に乗せる

・納豆と混ぜる

などがgood。

らっきょうの漬け汁も魚や肉、野菜などの煮物に使うと柔らかく&さっぱり仕上がるのでおすすめですよ~。

 

ただ、らっきょうはたくさん食べ過ぎると、硫化リアル(玉ねぎとかニンニクなどの香味野菜に含まれている成分)が胃腸に強い刺激を与えてしまう可能性があるんです。

あと、らっきょうをたくさん食べつつ水分摂取をすると、らっきょうの食物繊維が便秘を引き起こす可能性も!

「もったいないから食べてしまえ~」と一気に食べ過ぎないように、注意をしましょうね(らっきょうの適量は、1日3~4個と言われていますよ♪

 


スポンサーリンク


らっきょうの保存方法は?

続いて見ていくのは、らっきょうの保存方法!

 

・手作りのらっきょうの保存方法

・市販のらっきょうの保存方法(未開封)

・市販のらっきょうの保存方法(開封後)

・らっきょうの冷凍保存方法

それぞれ紹介していきますね。

 

らっきょうの保存方法!手作りのらっきょうの保存方法は?

手作りのらっきょうの保存方法は

・常温保存

・冷蔵保存

どちらでの保存も可能ですが、いずれもらっきょうが漬け汁から出ていないことが大切です。

らっきょうが漬け汁から出ていると、そこからカビや菌が付着して腐りはじめるのでしっかり漬け汁に漬けて保存するようにしましょう。

 

でね、常温、冷蔵どちらの保存方法でもOKではあるものの、実は長期常温保存していると食感が柔らかくなってしまう可能性があるんですって。

プラス、常温保存とは

・直射日光が当たらない

・風通しが良い

・1~15℃程で高温多湿ではない

・温度の変化が少なく一定

などの場所で保存するのが望ましいのですが、これって意外と難しくないですか?(我が家は難しい・・汗)

 

なので、おすすめの保存方法は冷蔵庫で保存すること!

 

冷蔵庫で保存する方が、シャキシャキならっきょうの食感をを長く楽しめるようですよ(あ、柔らかいらっきょうがお好みの方は常温保存でどうぞ♪)

 

常温と冷蔵の両方で保存するのもおすすめ!

手作りのらっきょうの保存方法は、常温と冷蔵の二刀流で保存するのもおすすめなんです。

 

そうすることで、保存中のらっきょうの容器の開閉数を減らすことができるからで、容器の開閉数減らせるということは、らっきょうが空気に触れる回数が減るので腐りにくくなるんです(食べ物は空気に触れることで菌が繁殖するからね)

 

具体的な保存方法は、らっきょうを1年分作ったとしますでしょ?そしたら

・1年分のらっきょうの中から1ヶ月分のらっきょうを他の容器に移して常温保存する

(常温で1ヶ月程の保存なら、らっきょうが柔らかくなることもないからね)

・普段は1ヶ月分の常温保存の容器から取りだしてパクパクと食べる。

・1ヶ月分を食べ切ったら、冷蔵庫からまた1ヶ月分を移す

・・これを繰り返すわけです。

 

この保存方法だと、大量に入っている容器は1ヶ月に1回しか開けないから、腐りにくくなるんですねー。

ちょっと手間ではありますが、常温&冷蔵の二刀流で手作りらっきょうを保存するのもおすすめですよ(⑅•ᴗ•⑅)

 

らっきょうの保存方法!市販のらっきょう<未開封の場合>の保存方法は?

 

市販の未開封のらっきょうの保存方法は、常温保存でOK!

恐らくパッケージにも「直射日光・高温多湿を避け常温で保存してください」などと書かれていることと思いますが、パッケージの通りに保存するようにしましょう。

 

先程の「常温保存の望ましい保存場所」を参考にして頂いて、できるだけそれに近い場所で保存すれば安心ですよ♪


スポンサーリンク


らっきょうの保存方法!市販のらっきょう<開封後の場合>の保存方法は?

市販のらっきょうの開封後の保存方法は、清潔な保存容器に移して冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

こちらも恐らくパッケージに「開封後は冷蔵庫に保管し~」などと書かれていることと思いますが(ついでに「なるべくお早めにお召し上がり~」ともネ)、その通りに保存するのが◎。

 

でね、他の保存容器に移して保存する際は、らっきょうの漬け汁も捨てずに一緒に保存するのがポイントなんです。

 

漬け汁ごと保存し、らっきょうが漬け汁から出ないようにらっきょうを完全に漬け汁に漬けて保存することが大切!

そうすることで、らっきょうが空気に触れるのを防げるので、カビなどの菌の繁殖を抑えることができるんですよ~。

 

あと、らっきょうの保存はプラスッチック製の容器だと、容器にらっきょうの臭いが付いてしまいがちなので、ガラス製の保存容器がおすすめです。

例えば、こちら

 

 

ユニックスのガラス保存瓶「サークルポット」です。

清潔で臭いが付きにくいこちらの容器は、漬け物やらっきょうなど保存にピッタリ。

 

シリコンパッキンのフタなので、らっきょうの臭い漏れもしっかり防いでくれますよ~。

頼もしい保存容器で、らっきょうを美味しく安全に保存しちゃいましょう( *˙ω˙*)و グッ!

 

らっきょうの保存方法!冷凍での保存方法!

そう、実はらっきょうは冷凍で保存することも可能なんです。

 

冷凍することで、保存期間がなんと10年にΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ドドーンとらっきょうを作った場合や、ドドーンとらっきょうを頂いた場合などは、冷凍保存するのがおすすめです。

 

保存方法は、小分けにして漬け汁ごとジップ付きの保存袋に入れて冷凍すればOK!

 

ポイントは、冷凍焼けを起こして黒くなってしまうので、漬け汁にしっかり漬かった状態で冷凍することで、解凍方法は自然解凍になります。

 

ただ、冷凍すると若干食感が落ちてしまうのは、冷凍保存あるあるなのでご容赦くださいね(笑)

 


スポンサーリンク


らっきょうにカビが生えていたらどうする?

らっきょうにカビが生えていたら、どうすればいいのか!

 

この答えは「カビが生えたらっきょうは、処分する」

 

になります。

らっきょうにカビが生えた原因としては、らっきょうがしっかり漬け汁に使ってないことが原因になります(再三、私が言ってたやつねw)

 

で、カビが生えたらっきょうを発見した場合は、このらっきょうが漬かっていた漬け汁も、処分して作り変えたほうがいいそうです(・・;)

手順としては

1、カビが生えていないらっきょうをザルなどに上げて水気を切る

2、1のらっきょうを酢で洗う

3、漬け汁を作り、漬けかえる

4、使っていた容器も煮沸消毒してしっかり乾かす

ちっと大変な作業だなぁ(汗)

こうならないように、らっきょうは漬け汁にしっかり漬ける!

らっきょうを作る際は、漬け汁を多めに作るのがいいそうですよ~。

マッシュルームにぬめり!食べれる?腐るとどうなるか詳しく解説!夫がマッシュルーム好きなので、よくマッシュルームを買うんですけどね。 私、マッシュルームって、なぜか使い忘れちゃうことが多いんです...
大根おろしの食べ過ぎは体に悪い?体にいい食べ方を解説!私、大根おろしが大好きでつい食べ過ぎちゃうことがあるんです。 そうするとお腹がイタタになることがある! んー。大根おろしって...
じゃがいものえぐみの原因や取り方は?食べた時の症状や対処法も解説!この前、ジャーマンポテト食べたら、すごい「えぐみ」を感じたんです。 ものすご~く気になったので、今回はそんなじゃがいものえぐみにつ...
なめこは食べ過ぎ注意!適量や栄養・効果についても解説!先日、スーパーでなめこを買い、帰宅して冷蔵庫を開けたら、使い忘れのなめこがあることことに気付いてガックリ・・ 仕方ないので...


スポンサーリンク


まとめ

らっきょうは腐るとどうなるのか、らっきょうの賞味期限や保存方法を見てきました。

 

<らっきょうの賞味期限>

らっきょうの賞味期限は

・市販のらっきょう:3~6ヶ月

・手作りのらっきょう:1年

 

<らっきょうは腐るとどうなるのか>

らっきょうは腐ると

<見た目>

・漬け汁に泡のようなものが浮いている

・漬け汁が濁って黒くなっている

・漬け汁の表面にカビが浮いている

・らっきょうが黒くてぶよぶよしている

 

<臭い>

・異臭がする

・鼻にツンとくる臭いがする

 

<味>

・苦みがある

・柔らかい

などになる

 

<らっきょうの保存方法>

・手作りのらっきょうの保存方法は、常温でも冷蔵庫でも保存可能だが、常温での長期保存は食感が柔らかくなる可能性があるので、冷蔵庫での保存の方が◎(らっきょうが漬け汁から出ないようにすることが大切)

・市販の未開封のらっきょうの保存方法は常温保存

・市販の開封後のらっきょうの保存方法は、保存容器に移して冷蔵庫で保存(らっきょうが漬け汁から出ないようにすることが大切)

・らっきょうの冷凍での保存方法は、小分けにして漬け汁ごとジップ付きの保存袋に入れて冷凍する

 

らっきょうは、腐ることはあるものの賞味期限がけっこう長いことがわかりましたよね~。

これなら、私ひとりでもらっきょうを消費できちゃうかも(冷凍もOKだしね♪)

シャリシャリ美味しいだけじゃなく、実は生活習慣病予防やアンチエイジングなど嬉しい効果がたっぷりのらっきょう。

上手に保存して健康や美容もサポートしてもらいましょう╰(*´︶`*)╯♡


スポンサーリンク