調味料

ラカントSの危険性は?パルスイートとの違いや安全性を調査!

健康とダイエットの為に、最近、家の甘味料を「ラカントS」に変えたんです。

ラカントSの「糖質制限中などに、砂糖の代わりに使える自然派の甘味料」っていうところに惹かれたんですけど、これって本当に本当?

私の調査心がウズウズしたので(笑)、調べてみることにしました♪

 

今回は、ラカントSの危険性、パルスイートとの違いや安全性など、ラカントSの気になる疑問を解説させて頂きます(`・ω・´)ゞビシッ!!

 

この記事でわかること

ラカントSとは

・ラカントSの危険性と安全性

・ラカントSの危険性、妊婦や子供は?

・ラカントSとパルスイートの違い

・ラカントSのカロリーや糖質

・ラカントSの値段、どこで買うのが安いのか

ラカントSとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomo︎︎︎︎☺︎‪︎‬‪︎☺︎☺︎(@cb_724)がシェアした投稿

ラカントSとは「SARAYA(サラヤ)株式会社」から市販されている甘味料で、カロリーがゼロでありながら、砂糖と同じように使える自然派の甘味料になります。

 

使われている原材料は

・羅漢果(ラカンカ)エキス

・エリスリトール

になり、主成分はエリスリトール(99.8%)になります。

それぞれの特徴は・・

 

羅漢果エキスとは?

羅漢果とは、中国の桂林に自生するウリ科の植物で、様々な病気治療や予防に効果あるとして「不老長寿の神果」と呼ばれています。

この羅漢果に含まれる「テルペングリコシド配糖体」と呼ばれる成分が、砂糖の約300倍の甘さを持つ成分になり「甘味」となっています。

 

ただ、羅漢果は

・保護植物に指定されている

・国外への持ち出しが禁止されている

など、栽培が難しい貴重な植物になり、国外への持ち出しが禁止の植物になるんです。

 

その為、サラヤ(株)さんは、現地の研究機関の協力を得て、「高純度 羅漢果エキス」の製造技術を確立し、ラカントSを製造されているんですよ。

ちなみに、この「高純度 羅漢果エキス」は、国の公的機関によって安全性が証明されている物であり、サラヤ(株)さんの特許成分になるそうですよ(๑•᎑•๑)

 

エリスリトールとは

エリスリトールとは、糖アルコール(=酵母によって、ぶどう糖を発酵させて作られた成分)に分類される甘味料で、イモ類(じゃがいも、さつまいも)や、でんぷん質(とうもろこし)などから作られる天然の甘味料になります。

 

ちょっと聞き慣れない名前ではありますが、実は

・果実(ぶどうやメロンなど)

・味噌

・醤油

などにも含まれている成分で、意外と身近な成分。

 

このエリストリールは、甘味料でありながら、摂取しても体内で代謝されることなく、ほぼ尿で排出されるので、カロリーはゼロになり、糖質制限中でも摂取できるとされています。

また、このエリスリトールは、厚生省がエネルギー評価法で「エネルギー値がゼロkcal/g」と認めた糖質になるんですよ。

 

で、ラカントSのエリスリトールは、とうもろこしを発酵させて作られたものが使われていて

・爽やかな甘さ

・砂糖の75%程の甘さ

が特徴の甘味料。

 

ラカントSは、先程の羅漢果エキスとこのエリスリトールを配合して、砂糖と同量で同じ甘みになるように作られた甘味料になります☆

ラカントSの危険性は?安全性を調査!

「植物やとうもろこしが主原料で100%自然派の甘味料」と、聞くと安心なイメージがわきますが、ラカントSに危険性はあるのでしょうか。

 

調べてみたところ、ラカントSの危険性としては

・味覚障害

・下痢

・アレルギー

・糖尿病

などがある様子・・ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

ラカントSの危険性①味覚障害

ラカントSを食べ過ぎてしまうことで、甘味に対する味覚が鈍ってしまうことがあります。

それはなぜか?といいますと、そもそもラカントSと砂糖の甘みって、全く同じではないんです。

 

砂糖と同様に使えるラカントSですが、味は若干異なります。

その為、ラカントSを多く摂取し、その甘みに慣れてしまうと、砂糖を食べた時に「何この味???」と、なる可能性がある!

その結果、砂糖をはじめとする他の甘味料の摂取量が増えてしまう・・という危険性に繋がることがあるというわけです。

 

あと、カロリーがゼロのラカントSですが、甘味料には中毒性や依存性があると言われていますから、食べ過ぎには、やはり注意が必要。

「ラカンとSなしでは生きていけない!」など、必要以上に欲してしまう危険性もあるので注意をしましょう(。•ㅅ•。)

 

ラカントSの危険性②下痢

基本的には、ラカントSは下痢を引き起こす危険性は、とても低い甘味料になります。

ラカントSの主成分であるエリスリトールは、他の糖アルコールに比べて、下痢になる危険性がとても低い成分になるからです。

 

とはいえ、過剰に摂取し過ぎて、下痢を引き起こすこともゼロではありません。

ただ、ラカントSを食べて下痢を引き起こした場合は、明らかに「過剰摂取」と言えるので、摂取量を見直す必要がありますよ( ˘˘̥ )

 

ラカントSの危険性③アレルギー

ラカントSを食べて、アレルギーを引き起こす危険性もあります・・が!

ラカントSによるアレルギーの発症率は「100万人中1人」になり、この発症率はかなり低い数字で、ほぼ「アレルギーを引き起こす危険性はない」とも言えます。

 

ただ、発症率ゼロではないので、体質によってはアレルギー症状を引き起こす可能性もゼロではないですよね。

 

アレルギー症状とは

・皮膚の痒みや蕁麻疹

・くしゃみや鼻水

・目の痒みや充血

・口内の違和感

などになります。

もし、ラカントSを食べてこれらの症状が出たら、病院で検査してもらうと安心ですよ。

 

ちなみに、過去に「エリスリトールでアレルギー症状が出た!」と、話題になったこともあるそうですが、このアレルギーが本当にエリスリトールだったかは不明なのだとか。

とはいえ、100万人分の1人に該当する可能性もありますから、「おかしいな」と、思ったら病院を受診してくださいね☆

 

ラカントSの危険性④糖尿病

糖尿病といえば、気になるのが「血糖値」ですが、ラカントSの主成分エリスリトールは、「血液中に吸収されることなく、ほぼ100%体の外へ排出される」という特徴があるので、ラカントSを食べても、血糖値が上がることはありません。

なので、お医者さんが糖尿病の方にすすめる甘味料でもあるんです。

 

が、しかし!

ラカントSを

・大量

・長期間

食べ続けてしまうことで、糖尿病になる危険性もあると言われています。

 

なぜなら、ラカントSを摂り過ぎてしまうことで

脳がラカントSを普通の砂糖と認識してしまう→ラカントSを食べると膵臓がインスリンを分泌してしまう→膵臓が働きすぎてしまう→膵臓が弱り、働きが悪くなってしまう→高血糖状態になり糖尿病に・・

ということに。

 

ただ、これは脳が間違ってしまうほど、ラカントSを過剰に摂取した場合。

通常に、砂糖として使っている分には心配はいらないようですよ(´∀`)

 

ラカントSの安全性は?

いくつか危険性はあるものの、これはほぼ食べ過ぎなどの過剰摂取による危険性。

ラカントSに限らず、どんな食べ物も食べ過ぎてしまうと、何らかの危険性が生じるものですから、結果として、ラカントSは、安全性が高い甘味料といえそうですよね。

 

よく、ラカントSをはじめとする人の手によって作られた「低糖質系の甘味料」は、ガンとの因果関係を言われたりしていますが、これを証明する科学的根拠は何もないのだとか。

 

さらに、悪性リンパ腫と低糖質甘味料の因果関係を調べた研究によると

・低糖質甘味料の発症率:1.3倍

・砂糖の発症率:1.7倍

になり、砂糖の方が、発症率が高いという結果になったそうです。

 

特にラカントSの原材料であるエリスリトロール、羅漢果エキスについては

・エリスリトロール:FDA(アメリカの食品医薬品局)とEMA(ヨーロッパの医薬品局)により「摂取上限量を設定する必要はない」とされている

・羅漢果エキス:摂取上限量の設定はない

になり、このことからも安全性が高いと言える◎

 

ラカントSは、摂取し過ぎなければ「安全に使える甘味料」と言えるんですよ(*´▽`*)❀

ラカントSの危険性!妊婦や子供は大丈夫?

基本的には、ラカントSは妊婦さんや子供食べても、大丈夫な甘味料になります。

ラカントSは

・植物の羅漢果のエキス

・とうもろこしを発酵させて得た糖分

になり、いずれも天然の甘味成分になるので、砂糖と同様に妊婦さんや子供でも食べることができます(もちろん、食べ過ぎはNGですよ!)

 

ただ、

・子供がはじめてラカントSを食べる場合、はじめての食べ物に敏感に反応し、アレルギー反応が出る危険性がある

・妊婦さんは、ホルモンの影響で血糖値が上がりやすくなっていること多いので、ラカントSでも過剰摂取により高血糖になる危険性がある

ので、注意も必要。

心配な場合は、医師に相談するのがおすすめですよ(*´ー`*)

ラカントSとパルスイートの違い

ラカントSと同様に、ダイエット中でも食べれる甘味料として「パルスイート」が知られていますよね。

 

パルスイートは味の素(株)さんが販売している甘味料になるんですが、ラカントSとパルスイートの違いとしては

・甘さとカロリーの違い

・原材料の違い

などがあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

ラカントSとパルスイートの違い①甘さとカロリーの違い

ラカントSは砂糖と同量で、同程度の甘さが得られるのに対し、パルスイートは砂糖の1/3の量で砂糖と同程度の甘さが得られる甘味料になります。

また、ラカントSはカロリーがゼロなのに対し、パルスイートはのカロリーは、砂糖の1/10程。

 

カロリー的には、ラカントSに軍配があがりそうですが、パルスイートが砂糖の1/3の量でいいという点は、コスパ的に◎といえそうですよね。

 

・・ということで、パルスイートが気になる方はこちらをどうぞ!

(お得なラカントSの商品は、後の項目で紹介させて頂きます~)

パルスイート顆粒200g入りになります。

 

まろやかな甘さで、カロリー90%カットの低カロリー甘味料!

使い方は、普通の砂糖の

・かさ:1/3程

・重さ:1/4程

が目安になります。

 

少しの量で砂糖の代わりになるのは、嬉しいですよね。

お料理をますます美味しくヘルシーに仕上げてくださいね♪

 

ラカントSとパルスイートの違い②原材料の違い

 

原材料の違いは、ラカントSが

・羅漢果エキス

・エリスリトール

などの自然派甘味料なのに対し、パルスイートは

・エリスリトール

・アスパルテーム

・アセスルファムK

・粉末還元麦芽糖水飴

などの甘味料が含まれていて、エリスリトールはラカントSにも含まれている自然派甘味料になりますが、それ以外の原材料は人工の甘味料になります。

 

特徴は・・

・アスパルテーム:アスパラギン酸とフェニルアラニンから作られる甘味料で、甘さが砂糖の200倍

・アセスルファムK:酢酸から作られる甘味料で、甘さが砂糖の200倍

・粉末還元麦芽糖水飴:マルチトールと言われる甘味料で、砂糖の8~9割の甘みがあり、カロリーが半分

など。

 

ちなみに、私はどちらも使ったことがあるのですが、私の印象としては

・パルスイート:甘さに深みがない、加熱すると甘みが飛ぶ、砂糖の1/3を計算するのが面倒(笑)

・ラカントS:味にクセや違和感がない、砂糖と同様に使えるので使いやすい

・・といった違いを感じておりますよん♪(あくまで個人の見解です(っ_ _)っ)

ラカントSのカロリーや糖質をチェック!

続いて、ラカントSのカロリーや糖質をチェックしてみましょう。

ダイエットなどの糖質制限中でも安心なラカントS。

カロリーや糖質は100g中

・カロリー:0キロカロリー

・糖質:99.8g

になります。

 

ん?むむ・・糖質が99.8gもあって、なぜカロリーがゼロなの?

疑問に思いますよね。

この99.8gの糖質(炭水化物)は、ラカントSの主原料「エリスリトール」になり、このエリスリトールは、摂取しても体内で代謝されずに、ほとんどが尿で排出されるので、血糖値に影響を与えることはない為、実質カロリーがゼロになるんです。

 

先程もお話しさせて頂きましたが、エリスリトールは、厚生省がエネルギー評価法で「エネルギー値がゼロkcal/g」と認めた糖質になり、糖質制限中やダイエット中でも、安心して使える甘味料といえるんですよ٩(ˊᗜˋ*)و

ラカントSの値段は?どこで買うのが安い?

ラカントSの値段はいくらになるのでしょうか。

サラヤ(株)さんの公式ホームページでは、ラカントSの顆粒タイプが(全て税込)

・ラカントS 130g:538円

・ラカントS 1キロ:3292円

・ラカントS 3キロ:9759円

で、販売されています。

 

で、私はよくスーパーでラカントSを購入するんですが、スーパーでは600gのラカントSが売られています。

ただ、スーパーで600gのラカントSをいくらで買ったのか、忘れてしまったので(家計簿とかつけてない・汗)、ネットスーパーで調べてみたところ(全て税込)

・西友:1725円

・イオン:1814円

と、なっていました。

 

例えば、西友さんの600g@1725円を、130gに換算してみると、373.75円になりますから、スーパーの方が安いと言える◎。

 

でね、さらに、安く買えるところはないかと調べてみたところ、ネットでのまとめ買いが安い!

こちら~

 

ラカントS600g×3個で4980円(税込み)になります。

1個当たり1660円というブラボーな値段で買えちゃう(130gに換算すると359.66・・円◎)

 

「でも、ネットって送料かかるじゃ~ん・・」そう、思いますでしょ?!

ところが、こちらのショップは送料無料キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

ラカントSを安くお得に買いたい場合は、ネットがおすすめ(重たい荷物からも免れるしね~w)

まとめてポチって、お得にたっぷりラカントSを使ってくださいね。

きび砂糖は危険で体に悪い?体にいい砂糖はコレ!私、家の砂糖は「きび砂糖」を使っているんです。 食べ物って「白い物の方が茶色い物の方が、体にいい」そんなイメージがあるからなんです...
50ミリリットルはどのくらい?何CC・大さじ何杯・何グラム・何リットル?料理のレシピなどで「50ml」計る場面は結構ありますが、意外と量りにくいですよね。 50mlって、何グラムで大さじ何杯で何CC? ...
ウェイパーは危険で体に悪い?化学調味料や成分・原材料について解説!ウェイパーって美味しいし便利ですよね~。 ただ、ウェイパーって化学調味料とかが入っていて危険で体に悪いんじゃ?という不安が...

まとめ

ラカントSの危険性や、ラカントSとパルスイートとの違いなどを見てきました。

 

<ラカントSの危険性>

ラカントSの危険性には

・味覚障害

・下痢

・アレルギー

・糖尿病

などがあると言われているが、味覚障害や下痢、糖尿病については「過剰摂取」によるものなので、普通に使い、食べる分には心配はいらない

アレルギーも100万人分の1人の確率なので、発症率はとても低い

 

<ラカントSとパルスイートの違い>

ラカントSとパルスイートの違いは甘さとカロリー、原材料になり

・ラカントSは砂糖と同量で、同程度の甘さが得られるのに対し、パルスイートは砂糖の1/3の量で砂糖と同程度の甘さが得られる

・ラカントSはカロリーがゼロなのに対し、パルスイートは砂糖の1/10程のカロリー

・ラカントSの原材料は、羅漢果エキス、エリスリトールなどの自然派甘味料なのに対し、パルスイートは、エリスリトール、アスパルテーム、アセスルファムK、粉末還元麦芽糖水飴になり人工甘味料を含む

 

ラカントSは、天然の自然派由来の甘味料。

食べ過ぎなければ危険性は少なく、安心して使える甘味料と言えることがわかりましたよね。

パルスイートも気になるところですが、我が家の甘味料は「ラカントS」で決まりそうです(笑)

食べ過ぎには注意をしつつ、ラカントSで美味しく健康的に「甘み」を楽しんじゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡