食べ物・飲み物

茶碗蒸しが固まらない理由は具材?対処法やレンジの場合についても解説!


スポンサーリンク


夫の好物が茶碗蒸しなもので、よく、私は茶碗蒸しを作るんですけどね、どうも成功率が100%じゃないんです・・そう、3回に1回は、固まらないの(¯∇¯٥)

一応、私的には、毎回同じように作ってるつもりなんだけど、なんでだろー?

 

・・ってことで今回は、茶碗蒸しが固まらない理由を徹底調査!

茶碗蒸しが固まらない理由が具材にあるのは本当なのかや、その対処法、レンジの場合についてなどを調べてみました。

茶碗蒸しの成功率100%を目指して・・一緒に見ていきましょう。

 

この記事でわかること

・茶碗蒸しが固まらない理由は具材なのか

・茶碗蒸しが固まらない時の対処法、レンジの場合も

美味しい茶碗蒸しの作り方

・固まらない茶碗蒸しのリメイク方法


スポンサーリンク



茶碗蒸しが固まらない理由は?具材なの?

茶碗蒸しが固まらない・・その理由は

・出汁の量

・具材

・加熱温度

の3つが考えられます。

茶碗蒸しが固まらない理由が「具材」にあるとは、どういうことなんでしょうかね・・ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

茶碗蒸しが固まらない理由①出汁の量

固まらない理由、まずひとつめは「出汁の量」にあります。

茶碗蒸しは、卵と出汁の量のバランスが悪く、出汁の量が多すぎると固まらないんです。

卵と出汁のgoodバランスな比率は

卵1:出汁3

の割合。

これよりも出汁が多いと、固まらない茶碗蒸しになってしまうんですよ。

 

茶碗蒸しが固まらない理由②具材

茶碗蒸しが固まらない・・ふたつめの理由は、ある具材を使っていることかもしれません。

その具材とは「舞茸」

舞茸には「たんぱく質分解酵素」が含まれているので、卵のたんぱく質を分解してしまうからです。

 

そもそも茶碗蒸しは、卵のたんぱく質を利用して、プルンと固まるように考えられた料理になるので、そのたんぱく質が分解されちゃ、どうしたって固まらない(・∀・;)

たんぱく質分解酵素は、しめじにも微量ながら含まれているので、大量のしめじを具材に使うのは避けたほうが◎(少しなら大丈夫)

 

あと、具材が多すぎると、その具材から水分が出て、固まらない理由になってしまうのでNG!

先程「出汁が多すぎると、固まらない茶碗蒸しになる」とお話ししましたが、出汁が適量でも、具材から出る水分が、卵の量に対して多くなってしまっても固まらない理由になってしまうんですよ☆

 

茶碗蒸しが固まらない理由③加熱温度

茶碗蒸しが固まらない理由には、加熱温度が弱すぎることも考えられます。

茶碗蒸しは80~90℃で加熱するのがベストなんですが、それ以下だと固まらないんです(ただし、90℃以上になってしまうと、茶碗蒸しに「す」が入ってしまうのでそれもNG)

 

また、低い温度で長時間加熱してしまうと、口当たりが悪い茶碗蒸しに・・。

茶碗蒸しは、火加減や時間などがかなり繊細で、ちょっとしたことで固まらない茶碗蒸しになってしまうんです・・が、その対処法は、きちんとあるのでご安心を♪

次の項目では、それぞれの対処法を見ていくことにしましょう( •̀ᴗ•́ )و

 


スポンサーリンク


茶碗蒸しが固まらない時の対処法は?レンジの場合はどうすればいい?

茶碗蒸しが固まらない理由がわかったところで、その対処法を見ていきましょう。

 

対処法①固まらない理由が「出汁の量」の場合

「卵1:出汁3」が、ベストな割合な茶碗蒸しなので、この割合よりも出汁の量が多くならないように卵液を作るのが◎なんですが、ここで、盲点がひとつ!

 

レシピなどを見ると、たいてい「卵1個、出汁○○カップ」などと、書かれていると思うんですけどね、卵って大きさによって量が違うんです。

目安としては

・Mサイズの卵:50CC程

・Lサイズの卵:60CC程

になります。

 

で、これにちょうどいい出汁の量は?というと、卵1:出汁3ですから

・Mサイズの卵1個を使った場合:150CC

・Lサイズの卵1個を使った場合:180CC

になります。

卵の大きさによっては、30CCも出汁の量に差が出ちゃうということ!

 

なので「卵1個だから、180CC」と、決めつけずに、その卵がどのくらいのサイズなのか把握しておくことが大切。

一番確実なのは、卵の量を計量カップなどで量ってから、その3倍量の出汁の量を算出することで、そうすることで、割合バッチリな茶碗蒸しになりますよ(*´∀`*)

 

対処法②固まらない理由が「具材」の場合

具材に舞茸を使ったことが理由で茶碗蒸しが固まらない場合、まず、一番の対処法としては、舞茸を使わないこと・・なんですが、どうしても舞茸を使いたい場合は、茹でるなどして舞茸を一度加熱するのが◎。

加熱することで、たんぱく質分解酵素は壊れるので、加熱後に茶碗蒸しの具材として使えば、卵のたんぱく質が壊されることはないので、きちんと固まるはずですよ。

 

あと、具材の入れすぎも、茶碗蒸しが固まらない理由になるとお伝えしましたが、この対処法としては、やはり「入れすぎないこと」が◎(当然だけどw)

 

例えば、茶碗蒸しの具材って「しいたけ、かまぼこ、三つ葉、鶏肉、ぎんなん、エビ、ホタテ、穴子、ゆり根」などになると思うのですが、これらの具材をできる限り入れて、具だくさんの茶碗蒸しにしたい場合は、一口サイズにカットしたものを1つずつ入れる程度が◎。

2~3種類の具材を入れる場合は、やはり一口サイズにカットしたものを2つずつ程入れるのが◎ですよ。

 

私はよく、茶碗蒸しの具材にほうれん草を入れるんですが、その際は茹でてから入れています。

ほうれん草に限らず、きのこ類など水分が多い具材を入れたい場合は、一度茹で手から入れるのがおすすめですよ(⑅•ᴗ•⑅)

 


スポンサーリンク


対処法③固まらない理由が「加熱温度」の場合

茶碗蒸しのベストな加熱温度は80~90℃になりますが、これは、加熱の火加減や、茶碗蒸しを蒸し器などに入れるタイミングなども大切になります。

具体的には

・しっかりと蒸気が上がった状態で、蒸し器に茶碗蒸しを入れる

・最初の2~3分は、フタをして強火で蒸す

・2~3分強火で蒸したら、フタを少しずらして(箸などを挟むと◎)、蒸気を逃がしながら、弱火で10分程蒸す

などになります。

 

また、その他にも、茶碗蒸しにも水滴が入らないようにフタをするのが◎で、フタがない容器の場合は、ホイルをかぶせるのが◎になりますよ。

そう、フタはホイルでもOKなんですが、茶碗蒸しをよく使われる方は、こちらのようなフタ付きのオシャレな茶碗蒸し容器を用意しちゃってもいいかもしれませんよ~

 

 

コロンとしたフォルムと白色が可愛い、フタつきカップです。

茶碗蒸しというと「和食」なイメージが強いですが、こういう可愛い容器で作ってみてもgoodかも(オシャレなカフェ感♡)

さらに、一緒にこういうスプーンを添えたらもうカンペキ☆

 

 

「ちゃんとすくえる 陶製スプーン」です。

茶碗蒸しだけでなく、アイスやヨーグルトもしっかりすくえちゃう、陶製のスプーンになりますよ。

美味し茶碗蒸しをオシャレな容器&スプーンで、楽しく味わっちゃいましょう。

 

あ、それと、茶碗蒸しの加熱温度は80~90℃になるんですが、卵の固まる温度は

・黄味:70度程

・白味:80度程

と、差があるんです。

なので、固まらない茶碗蒸しにしない為の対処法としては、卵はきちんと混ぜることも大切!

で、さらに、しっかり「濾す」ことも大切!

濾すことで卵白の塊や「からざ」が取り除ける為、滑らかに混ぜることができるので、加熱も均一になりますよo(。・‧̫・。)o

 

対処法④レンジの場合

レンジで茶碗蒸しを作る際の対処法も、見ていきましょう。

固まらないようにレンジで作るには、どうすればいいのかといいますと、レンジであっても蒸し器であっても、出汁の量や具材についての対処法は同じです。

 

じゃ、レンジでの加熱温度は?・・というと「基本的には、低いワット数で少しずつ加熱するのが◎」になります。

レンジでの茶碗蒸しの美味しい作り方は、次の項目で紹介させて頂きますが、ポイントとしては

・200Wなどの低い温度で様子を見ながら加熱する

・500Wの場合、最初に2~3分加熱し、あとは10秒ずつ様子を見ながら3回くらい加熱する

・レンジ庫内の場所によっても温度も異なるので、茶碗蒸しの場所を変えながら加熱する

など、かなり細かく加熱していくのが◎で、レンジの場合、ご使用のレンジによって加熱具合やクセが異なるのも、難しいところといえるんです。

 

あと、加熱する際に「ふんわりラップをかける」、プラス「爪楊枝などでラップに穴を空けておく」ことものも大切!

キッチリとラップをしてレンジにかけてしまうと、高温になり「す」が入ってしまう原因になるので注意をしましょう( •⌄• )◞

 


スポンサーリンク


美味しい茶碗蒸しの作り方!

固まらない理由や対処法がわかったので、それを踏まえながら美味しい茶碗蒸しの作り方を見ていくことにしましょう!

蒸し器、フライパン、電子レンジでの作り方を紹介していきますね。

 

蒸し器を使った茶碗蒸しの作り方

 

材料(2人分)

・卵 L1個

・出汁 180g(水160g めんつゆ(八方だし)20g)

・塩 小さじ1

・鶏もも肉 20g

・しいたけ 2枚

・水(蒸す用) 1L

・三つ葉 少々

 

作り方

1、めんつゆ(八方だし)と水を合わせて、180gの出汁を作る

2、卵をボウルに割り入れ、しっかりと溶き、出汁と合わせて混ぜる(味をみて必要なら塩を加える)

3、しいたけの軸を切り落とし、傘の部分を細く切る

4、鶏もも肉を20gを(皮が苦手な人は取り除く)小さめに切り分け、器に鶏もも肉としいたけを入れる

5、泡を取り除くため、卵をザルなどで濾す(泡をなくすことで、表面をなめらかに固めることがでる)

6、濾した卵を器に流し込みます

7、鍋に水を入れ、中敷を入れる(蒸すことができるなら、ザルなどで代用も可能)

8、水滴が入らないように、茶碗蒸しにホイルで蓋をして、蓋に串で7個ほど穴を開ける

9、鍋を強火にかけ蓋をして、中の水を沸騰させる

10、沸騰したら茶碗蒸しを入れ、タオルを被せて3分蒸す(タオルをかぶせることで水滴が垂れるのを防げる)

11、3分経ったら弱火にし、さらに10分蒸す

12、10分後、蒸し器から取り出す

 

やっぱり、美味しそうだなぁ。

めんつゆ(八方だし)を使っているから、味が決まりやすいよね。

シンプルな具材も嬉しい、美味しい茶碗蒸しの作り方でした☆

 

フライパンを使った茶碗蒸しの作り方

 

材料(4人分)

・玉子Mサイズ 2個

・出汁 300ml

・濃口醤油 8ml

・塩 2g

・ぎんなん(茹で) 4個

・しいたけ 1個

・三つ葉 適量

・エビ 4尾

・ホタテ(白身、カニ、カマボコなどお好みで) 4個

・ササミ 100g

・酒 10ml(臭み消し用)

 

作り方

1、ボウルに玉子を割り入れざっとかき混ぜ、出しを加えなが混ぜる

2、1の卵液をザルで濾す(なめらかな口当たりにするために、ザルで濾します)

3、2の卵液に濃口醤油と塩を加え、混ぜる

4、しいたけ、三つ葉を好みのサイズに切る

5、ササミは一口サイズに切り、酒で軽く洗う(臭み消し)

6、耐熱容器へ三つ葉以外の具材と卵液を泡立たないように静かに注ぐ(茶碗蒸しの器が無ければ、湯飲みやでも代用できる。蓋はアルミホイルで代用)

7、フライパンの鍋底に布巾をしき1/3くらいの高さまで水を注ぎ強火で火にかける

8、沸騰したら⑥を入れて、菜箸をかまして蓋をする

9、強火で3分、弱火で10分蒸す10、三つ葉を加えて完成(茶碗蒸しの中に水滴が入らないようにするのが重要)

10、三つ葉を加えて完成(汁が透明なら成功)

 

具材がたくさんで美味しそうな茶碗蒸し(*´﹃`*)ジュル…

こちらの動画では、固まらない失敗例なども見せてくださって、参考になりますよね。

豪華な具材だから、おもてなしにピッタリな茶碗蒸しですよ♪

 


スポンサーリンク


レンジを使った茶碗蒸しの作り方

 

材料(2人分)

・ 具材:冷凍むきえび 4尾、調理酒 適量、しいたけ 1/2枚、かまぼこ 4切れ

・ 茶碗蒸し液:卵 1個、水 150ml、白だし 大さじ1

・ 飾り用:三つ葉 適量

 

作り方

1、冷凍むきえび4尾を調理酒に5分間漬ける

2、5分後、水洗いしてキッチンペーパーで水気を取る

3、しいたけ1/2枚を薄切りにする

4、耐熱容器に、えび4尾、しいたけ1/2枚分を入れる

5、かまぼこ2切れも入れる(残りのかまぼこ2切れは飾り用なので入れない)

6、ボウルに卵1個を割り、よく溶きほぐす

7、水150mlに白だし大さじ1を加える

8、卵に少しずつ加えながら混ぜる

9、茶こしで濾しながら、具を入れた耐熱容器に入れる

10、ふんわりラップをする

11、200Wの電子レンジで7分間加熱する(固まっていない場合は追加加熱)

12、飾り用のかまぼこ2切れを載せる

13、三つ葉を載せれば完成

 

この茶碗蒸しも美味しそう~。

レンジでも綺麗に仕上がっているね!

レンジは200℃の低温で加熱するのがポイントで、加熱が足りなければ少しずつ追加加熱をしてくださいね( *˙︶˙*)و

 


スポンサーリンク


固まらない茶碗蒸しのリメイク方法!

さて、固まらない茶碗蒸しが目の前にある場合・・その茶碗蒸しをどうすればいいのか。

固まらない茶碗蒸しのリメイク方法を紹介したいと思います。

 

まずですね、もう一度、その固まらなかった茶碗蒸しを、茶碗蒸しとして再生させたい場合は

1、固まらない茶碗蒸しを冷ます

2、卵液と具材を分ける

3、卵液に新たに卵を加えて、よく混ぜ濾す

4、具材を容器に入れ、さらに3の卵液を注ぐ

5、再度加熱する

で、チャレンジしてみるのも◎

 

「いや、もう、茶碗蒸しはいい、諦めました」っていう場合は(笑)、別メニューにリメイクしちゃいましょう。

おすすめのリメイク方法は

・お湯と茶碗蒸しと白だしを混ぜて、お吸い物に

・水とご飯を鍋に入れて煮、茶碗蒸しを入れて雑炊に(刻みねぎをトッピング~♪)

・卵を足してオムレツに(大きい具材は小さくカットするのが◎)

・卵を足して卵焼きにし、ご飯にかけて天津丼に(さらに、甘酢あんをかけても◎)

・鶏肉や卵と一緒に煮て、卵でとじて親子丼に

・茹でたうどんにかけても◎

など。

 

意外と固まらない茶碗蒸しのリメイク方法って、あると思いませんか?

私は、雑炊が気になっています!

味はgoodなはずですから、家族にだって言わなきゃわからないはず(ホントは茶碗蒸しだったことをねw)

固まらない茶碗蒸しも、リメイクして美味しく頂いちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡

しそかつおにんにくの栄養と効果!臭いや食べ過ぎるとどうなるかも解説!しそかつおにんにくって、ちょっとあとひくクセのある味が、なんとも美味しいですよね~。 実は、我が家の夫が、自らのお小遣いをはたいて...
カップ焼きそばが太る理由!カロリーを減らす方法や太らない食べ方も解説!私、カップ焼きそばが、大好きなんですけどね。 普段はできるだけ、食べるのを我慢しているんです。 なぜって、カップ焼きそばは太...
コンビニおにぎりの保存方法!固くならない冷蔵庫での保存や冷凍・常温についても解説!美味しくて便利な、コンビニおにぎり。 私、コンビニへ行くと、ついコンビニおにぎりに手が伸びてしまうことが多いんですけどね、結局「い...
午後の紅茶の無糖は体に悪い?飲み過ぎの悪影響やダイエット効果についても解説!午後の紅茶シリーズが大好きで、中でも「午後の紅茶の無糖」にハマってる、私。 無糖なら安心して飲めしね~・・って思っているんだけど、...

まとめ

茶碗蒸しが固まらない理由は具材なのか、対処法やレンジの場合について見てきました。

 

<茶碗蒸しが固まらない理由は?具材?>

茶碗蒸しが固まらない理由は

・出汁の量が多かった

・具材にたんぱく質分解酵素を含む舞茸を使った、具材が多かった

・加熱温度が弱かった

などが考えられる

 

<茶碗蒸しが固まらない時の対処方法、レンジの場合は?>

茶碗蒸しが固まらない対処法やレンジの場合については

・固まらない理由が「出汁の量」の場合の対処法:茶碗蒸しは「卵1:出汁3」が、ベストな割合なので、この割合よりも出汁の量が多くならないように卵液を作る

・固まらない理由が「具材」の場合の対処法:具材に舞茸を使わない、または、茹でた舞茸を使う他、具材の量を多くしすぎない

・固まらない理由が「加熱温度」の場合の対処法:茶碗蒸しの加熱温度は80~90℃にし、プラス加熱の火加減や、茶碗蒸しを蒸し器などに入れるタイミングなどにも注意する

・レンジの場合の対処法:レンジの場合、低いワット数で少しずつ加熱するのが◎

 

茶碗蒸しが固まらない理由、どれに心当たりがありますか?

私は、具材に舞茸を使ったことはないので、出汁の量と加熱温度になりそうです。

特に、卵の大きさによって量が違う点は、ノーマークだったので、次回からは、そこを頭に入れて、茶碗蒸しを作ってみたいと思っています!

 

対処法のポイントさえ押さえれば、きっと、美味しい茶碗蒸しができるはず!

ジンワリ心にしみる、程よい固さの茶碗蒸しを作っちゃいましょうヾ(´︶`*)ノ♬




スポンサーリンク


error: Content is protected !!